ヒゲ脱毛の痛みの程度

ヒゲ脱毛の痛みの程度

いざヒゲ脱毛に挑戦!と思っても、実際どれくらい痛いのかが気になりますよね。

 

特に顔の皮膚は柔らかく、そして男性のヒゲは太いものが多いので普通に抜くととても痛いです。

 

人によっては痛みに耐えられないケースもあるので、脱毛法ごとに痛みがどれほど強いのかを知っておきまししょう。

 

 

脱毛法にはいろいろな種類がありますが、
その中でもメジャーな5つの脱毛法の痛みを比較していきましょう。

毛抜き

これは、一番簡単でお金もかからない脱毛法です。毛抜きを使ってヒゲ脱毛を行います。これは、直接毛を抜くので部位にもよりますがとても痛い方法で、肌も傷みやすいのであまりオススメできません。抜くときは、毛の方向に合わせて根元から抜くと痛みを最小限に抑えられます。

 

脱毛クリーム

最も痛みを伴わない脱毛法です。クリームを塗ってしばらく待ち、洗い流せば毛が落ちているという魔法のような代物です。痛いのが苦手な人にはコレがオススメです。しかし、これは薬品なので皮膚が弱い人は炎症などを起こす可能性があります。また、永久脱毛の効果はありません。

 

電気脱毛

ニードル脱毛、針脱毛などとも呼ばれる脱毛法。これは前述の二つと違い、永久脱毛の方法です。毛穴に針を入れて電気を通して毛根を死滅させるため、もっとも痛いとされます。しかも、毛根ごとに行うので回数分痛みがあります。

 

レーザー脱毛

これは、メラニン色素に反応するレーザーを照射して毛根を焼切る、医療機関やクリニックで行える永久脱毛法です。電気脱毛ほどではありませんが、痛みがあります。強さは輪ゴムで弾かれる程度で、それを何十回か繰り返します。しかし、耐えられない痛さではないと思います。

 

フラッシュ脱毛

メンズエステなどで利用される永久脱毛法。レーザー脱毛の出力が抑えられたバージョンのようなもので、痛さはレーザー脱毛よりは感じないようです。肌に対するダメージも少な目です。

 

脱毛の際に生じる痛さは、肌の乾燥具合やヒゲの密集度、肌の黒さなども関係してきます。自分の脱毛の目的や費用に合わせて考えていくのがベストです。