永久脱毛でヒゲ剃りいらず

永久脱毛でヒゲ剃りいらず

 

ヒゲの永久脱毛を行う主な理由の一つは、毎日のヒゲ剃りです。

 

これが面倒で、永久脱毛を試してみる人は多いのではないでしょうか。

 

営業職や飲食店勤務の方など清潔さが求められるお仕事の方々には「永久脱毛」はとても魅力的な言葉だと思います。

 

しかし、永久脱毛を行う前に「永久」とはどの程度のものなのかを知っておいた方がいいと思います。

 

そう、実は永久脱毛とは

 

言葉通り「永久」を約束するものとは限らないのです。

 

 

これは決して詐欺などではなく、ある基準に基づいた判断によるものなのです。

脱毛における「永久」という言葉の定義は、米国電気脱毛協会において判断された定義内容では「脱毛が終了して1ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下である場合」を指します。

 

つまり、産毛程度は生えてしまうのが一般的なのです。
これでは、まだヒゲ剃りは手放せませんね。

 

永久という期間を正確に測定し効果を判断することは、その人が死ぬまで測らなければ分からないので実質不可能です。

 

ですから「永久」の定義が決められているのです。医学の専門家たちの話では、

 

毛の成長が始まる周期から推測すると6カ月の間に脱毛箇所から新しく毛が生えてこなければ永久脱毛成功と見て問題ない

 

との声もありますが、実際のところ個人差というものがありますから一概には言えません。

 

永久脱毛では、しばらくしたら産毛レベルでは残ってしまう可能性もあるので注意です。なのでヒゲの手入れは引き続き必要になることが多いですが、一度永久脱毛してしまえば手入れが簡単になるのは確かです。週に数回、シェーバーをかけるだけで済むようになります。