ヒゲはレーザー脱毛が効果的

ヒゲはレーザー脱毛が効果的

永久脱毛でお馴染みのレーザーによる脱毛法ですが、決して万能なわけではありません。

 

脱毛の際には必ず痛みが伴いますし、肌の性質によってはダメージが強くなることもあります。

 

身体に合わない場合などもあり得るので、レーザー脱毛をしてみる前にその仕組み・メリット・デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

 

 

 

レーザーによるヒゲ脱毛がなぜ人気なのかというと、

 

基本的に医療機関で行われる脱毛法だからなのです。

この脱毛法は厚生労働省で認可を受けているので、

その分信頼性が保証されています。脱毛を確実に、安全に行える方法なのです。

 

レーザーによるヒゲ脱毛の仕組みは、その発する光に秘密があります。

脱毛用のレーザー光は「黒い色素にだけ反応する」という性質をもっていて、それにより毛根を死滅させることが可能となるのです。ですから、肌には直接レーザーの影響がないのです。

 

しかし黒い色素に反応するので、

 

肌が黒かったりホクロがあったりすると更なる痛みが伴うというデメリットがあります。

 

肌に対するダメージのリスクはゼロではないので注意がひつようです。

 

そしてこのレーザーヒゲ脱毛は、何度か行わないと永久脱毛に繋がりません。それは何故かというと、まだ黒く着色していない生える前の休眠状態の毛にはレーザーの効果が無いからです。ヒゲの毛は休眠状態が60日ほどなので、2ヶ月に1回ずつの施術が必要になるのです。

 

何度か繰り返さないと永久脱毛にならないので、その分お金もかかっているということなのです。